みあぽんねっと!

自分に素直に生きる。好きなものを好きと言い、嫌いなものは基本スルー。

実写版 映画「ライオン・キング」はアニメとはまた違ったリアリティのある「違和感」がおもしろさのポイント。

 映像がリアルだからこそ感じる「違和感」も面白さのポイント。

f:id:miapom618:20190811015058j:plain

本日、家族で見にいった実写版ライオンキングですが、全体的なストーリーはアニメ版ラインキングと同じです。

 

一部違うポイントもありますが、(ネタバレになるのでここには書きません)実際に見て「あぁここはちょっとアニメ版とは違うな」というのを探しながら楽しんでもらえればと思います。

 

今回のライオンキングの一番の見所は「実写版」というところですね!

 

アニメではそのディズニーらしさがありましたが、実写版になるとリアリティが出てきて同じだけど同じではないところが面白いポイントになります。

 

実写といっても実際のライオンを撮影しているのではなくフルCGで表現しているということが驚きです。

 

動物のしぐさ、表情、体の動き、毛の動きなど。本物っぽさがすごい。

本物っぽいんだけど「こんなことしないだろう」という動きはやっぱり人が作り出した映像なんだと感じる部分に違和感があったりします。

 

でもだからこそライオン・キングという作品なんだなって思います。

 

ラフィキ(マントヒヒ)が赤ちゃんシンバを抱きかかえて他の動物たちに見せるシーンなんかは実際にはあり得ない映像ですもんね。

 

だけど抱えられた赤ちゃんライオンの姿はとてもリアリティがあって可愛らしいです。

 

 

アニメ版ライオン・キングを本物の動物で表現したらこんな感じだろうなぁっていうのがフルCGで表現されている(しかも映像としてCGらしさがない)のが本当にすごいです。

 

そんなリアルな動物たちが普通に会話しているっていうのも違和感あって面白いんですよね。あと種類の違う動物たちが普通に会話しているのとか。

 

そういった「実際にはあり得ないこと」が普通に起こっている違和感をより感じやすいのが今回の「実写版ライオン・キング」だと思いました。

 

 

自分が子供をもつ親になって見ると所々ウルウルしてしまうポイントもあります。

ストーリーとしてもとても素晴らしいので「ライオン・キング」を見たことある人もない人も「実写版ライオン・キング」おすすめですので是非見てみてください♪