みあぽん 日常を遊ぶログ

日常のすべての物事をアソビと考えたらIt's easy!

何気ない小さなストレスをないがしろにしてはいけない。小さなストレスは小さいうちにつぶす!

たいしたことないと思っても、チリも積もれば大きなストレス

僕はもともとストレス耐性が低いので、ストレスに耐えるというよりも上手くスルーできる思考を身につけて・・・いるつもりでした。

だけど最近はそれらの小さなストレスすらもスルーできず、自分の中に小さなトゲのような形で刺さっているような感じがします。

意識しないようにしていても、気がつけば同じことばかり考えてしまう永遠ループ。

 

仕事をしながらそんな状態におちいっていて、「は!!こんなことでいけない!」と我に返る経験をしました。

 

実際に何がそんなにストレスになっているかというと、「期限までにやらなきゃいけないことが何もできていない状態」が原因でした。具体的には会社に年末調整の書類を提出するとか、娘の通っている学童の集会の資料作りとか。

 

「やらなきゃいけないこと」がある場合のストレス解消方法。それはスルーすることではなく、とりあえず手をつけることです。会社に出す書類であればまず書き始める。資料作りならまずパソコン立ち上げて打ち始める。

 

こうしたやらなきゃいけないストレスは手をつけないことにはずっとついてまわります。いくら時間があったとしても心のどこかには引っかかり、本来休息のための休日であっても本当の休息は得られないことでしょう。

 

それがさらに「期限」が近くなることで不安は増し、更なるストレスとなって襲いかかってきます。←現状の僕です(爆)

 

これに対処するには完成形でなくともまずは取り掛かることです。

60点の出来でいいから動き出す。なんなら30点の出来でもいいからやり始めましょう。

 

やり始めるとそこに「慣性の法則」が働きます。

動き続ける物体は動き続けようとするってやつです。

 

逆に、動かない状態にも慣性の法則が働きます。

動かずにいるものにはその状態でいようとする慣性。

 

 

だからこそまずは重い腰を上げて動き出さないといけない。

動き出してしまえばその勢いでさらに動き続けられるようになる。

やり始めるのは面倒なんだけど、何か簡単なことから手をつけてみる。

 

ちょっとできたなら、そのついでに別のこともやってみる。

そうやって少しずつ勢いが増し、一度とりかかれればそのままの勢いでやり終えることができる。

 

大きなストレスをやっつけるには大きなエネルギーが必要だから、小さなストレスのうちにちょっとしたエネルギーで動き出す。これが最も簡単にストレスを打ち破る方法だと思う。

 

とりあえず僕自身、完全ではないけど書類を先ほど書き終えた。

60%くらいの出来だけど、残りは最初の時より簡単に始めることができる。最初から完璧を目指しては余計にストレスフルになるからね、そこにこだわらず「まず取り掛かる」くらいの気持ちでいい。

 

ストレスに押しつぶされる前に、小さなストレスはつぶしてしまおう♪