miapom.net

自分に素直に生きる。好きなものを好きと言い、嫌いなものは基本スルー。

ほぼ日手帳weeksが全然使いこなせてない。日記を書くのはアナログ?デジタル?使い分けどうこうよりも、まずは記録を残すことを最優先としよう。

日々の記録は何に書いて残そうか・・・

2018年のスケジュール帳はほぼ日手帳weeksを使っております。以前はほぼ日手帳オリジナルを使ってたこともあり、その日にあったことや気になったことなど何でもメモをして、日記書いて、気になるものを貼り付けたりしてました。

現在はというと、日々の行動記録(ライフログ)はエバーノートに連携しているアプリを使っています。食べたものの写真をとったり、仕事用メモ帳に書いたものを写真とったり、やったことを文字入力したり。書き込むごとにその時の時間や場所なども同時に記録できるのでアナログで何かを書き留めるより、より簡単かつより多くの情報をまとめることができます。

エバーノートなのでiPhone以外でも自宅のPCや会社のPCなどで見ることができ、どこでも情報を引き出せるクラウドのすごさを実感します。

 

そのため、現在のほぼ日手帳はこんな感じになってます。

ほぼ白紙手帳です・・・・。

カレンダーページには月の予定など書き入れていますが、ウィークリーページはこんな感じです。たまに思い立ってちょこちょこ書くこともありますが、以前のように手帳を文字でびっしり埋めるようなことはなくなってしまいました。

 

話はちょっとそれますが、最近嫁ちゃんがこれが欲しいと言ってきました。

リラックマの3年日記です。月と日だけ書かれているのでいつからでも書き始められるようになっています。僕も3年日記や5年日記など気になってますが今まで1度も使ったことがありません。

日々の行動の記録とは別に、感じたことととか、今思っていることを文字として残すために自分もやってみようかなぁと考えつつ、だったらほぼ日手帳weeksのウィークリーページに日記書いていけよ!って今更思い立ちました。何ならほぼ日手帳の5年日記欲しいくらい。

いやいや、買う前にそのweeks使えって話ですね。

 

とある日記の書籍を読んだら、「日記には感情は書かなくていい」とあり、行動(やったこと)だけを書きなさいといった内容だったので「それなら Evernoteが最適だな」ということで実践してきました。

だけど昔の手帳を読み返してみると、その時にどんなことを考え、日々どういう気持ちで行動してたのかが見てとれます。もちろん読み返して恥ずかしくなるようなこともありますが、そういうのもひっくるめて自分が生きてた時間なだなぁと思うわけです。

本当はデジタルならデジタルに、アナログならアナログに統一して記録を残したいところですが、僕自身あっちもこっちも興味を持ってしまうのでなかなか一つに定まりません。だからとりあえず重複しちゃってもいいから興味がある所に記録を残そうと思います。

 

過去の手帳やノートもできることならエバーノートにスキャンして全て取り込みたいのですが、これがなかなか面倒なのでやらずじまいです。

とりあえず「記録」そのものを残す癖をもっと身につけていきたい。だって気がつけばあっという間に時間が過ぎていってしまうからね。

 

 

デジタルでも全てを残していきたい

記録することに関して、これは素晴らしい!!自分もやらなきゃ!!って思えたブログがあったので是非読んでみて。↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

【雑記】絶対忘れたくない、それでも僕は忘れてしまうから記録を残す

僕はよりよく思い出さんがために、記録をよく残したいと思う。 https://hacks.beck1240.com/essay/8534/上記ブログより引用

 

僕自身、娘が生まれてきてから何千枚もの写真を撮ってきたけれど、あの時もっと撮っておけばよかったと思うことがしばしば。父が生きている時に写真ではなく動画で残せばよかった、肉声を残しておけばよかったと後悔もした。これらはアナログではできないことだけど、デジタルツールが身近にある今、やろうと思えばいくらでも残すことはできる。

 

だけどやらなければ時間だけが過ぎ、特に印象深い思い出以外は忘れ去ります。

 

印象深い思い出も大切だけど、日々の小さな思い出だってかけがえの無いものだよね。誕生日やクリスマスだけがイベントではない。娘と一緒に公園に遊びに行ったことだとか、近所への買い物に行ったことだとか、ちょっとお手伝いしてもらって嬉しかったことだとか。

 

たまりに溜まったデータは不必要であれば消すことはできる。だけど過ぎ去った時間は取り戻すことはできない。クラウドを使えばほぼ無限にデータを残すことができるならやらない手はないんじゃないかって思う。むしろ何で今までやってこなかったのだろう。今すぐにでも記録することを始めなくては。

まずは身近な家族の記録から。ほんのちょっとの動画や、1枚の写真から得られる情報量は凄まじい。その時の心情や情景をみるみる思い出させてくれます。

だから僕も同じように思う。

僕はよりよく思い出さんがために、記録をよく残したいと思う。