みあぽんねっと!

自分に素直に生きる。好きなものを好きと言い、嫌いなものは基本スルー。

カルビー「あずきりこ」舌を焦らすような優しい甘味があずき好きを虜にさせる!

あずき好きな人はパッケージ見た瞬間手に取ること間違いなし!

f:id:miapom618:20190424005611j:image

夕飯のお買い物中にふと目に入ってきたあずきのお菓子。

 

「カルビー あずきりこ(優しい甘味)」

 

何となくだけど食感も味も想像できるお菓子。想像できるからこそ失敗は無いと思ってそのままカゴに突っ込みました♪

 

栄養成分表はこちら
f:id:miapom618:20190424005615j:image

お菓子を食す時点で「栄養成分」なんて全く気にしてないですけどね!

 

それにしてもあずきが主になるお菓子って珍しくないですか?お団子やまんじゅうなどの和菓子ではポピュラーな素材なのにスナック菓子になるとほぼ皆無な気がします。

 

あずきで有名なのはあのカチカチのアイス「あずきバー」ぐらいじゃないかな?

あれもうまいよね!いつも歯が欠けそうになりながらかじりつきます。

 

味はどう?優しい甘味とは?
f:id:miapom618:20190424005620j:image

早速開封してみたよ!量は少なめでちょっとさみしい感じです。スナック菓子特有のサクっとした感じではなく、ポリっとした歯ざわり良い噛みごたえ。

 

おお!

 

何これ!

 

味が!!!

 

 

 

(°Д°)味がなんもしねぇーーーーー!!!

 

 

 

と思いながらモグモグしてると、後から

 

「やぁ、ごめんごめん!待った?この辺初めてて道まよっちゃった。」

 

・・・というタイミングであずき独特の風味と甘味を感じられます。

 

 

パッケージに書いてある「優しい甘味」とはこういうことかっ!!ものは言いようでこれほどまでに印象がかわるもんだなと納得しました(笑)

 

最初のひとつふたつはあまり味を感じないものの、続けて食べているとあずき本来の味が官能できます。

 

ポリポリ

 

 

ポリポリ・・・

 

 

ポリポリ・・・

 

 

 

濃い味付けではないから永遠に食べていられる。

エンドレスあずきりこ!!!

 

 

でも悲しいかな量が少ない。

 

 

あずきの甘味と風味をぞんぶんに楽しめるようになったころには食べ終わってしまうのです。

 

きっとこれ、2袋目からが本番。(何の)

 

 

味が薄めなのにこれほどあと引くお菓子も珍しいよね?どう?そうでもない?(笑)

 

 

まとめ

甘いジュースなどと一緒に食べるとあずきりこの味をなかなか感じられないので、お茶とか無糖の清涼飲料水がおススメ!

 

 

口の中の舌の上に広がるあずき風味を楽しむために何かをしながらの「ながら食い」をせず、「いま、ココ、この瞬間」を感じながら味覚を研ぎ澄ませて食べるのが良き!

 

 

常備したくなるあずき系スナック菓子でした♪