miapom.net

自分に素直に生きる。好きなものを好きと言い、嫌いなものは基本スルー。

未知の本との出会いが起こりそうな「めぐり逢いの本棚」がワクワク感を漂わせる。

今日は買い物で栃木県小山市にある「おやまゆうえんハーヴェストウォーク」に行ってきました。

そこのTSUTAYA BOOKSTOREに素敵なコーナーを発見。

たまたま入った空間にあった小さな本棚

それが「めぐり逢いの本棚」というもので、自分の本をラッピングして持っていき別の本と物々交換できるというもの。

 

ここがある場所は木の棚を組んで「大木」のようになっており、中にベンチのような構造だからちょっとした休憩スペースなのかな?と思って入ってみました。そしたら奥側にこんな素敵な場所が!

 

 

  1. 本を1冊ラッピングした状態でお持ちください。
  2. ラッピングの外側の見えるところに、その本のおすすめコメントを書き添えてくらさい。(本のタイトルは書かないようにお願いします)
  3. お持ちいただいた本は、物々交換の棚に置いていただき、それと引き換えにすでに本棚に置かれている本を1冊お持ち帰りください。あなたがお持ちになった本は、この本棚を訪れた誰かの元へ渡ることになります。

 

 

6〜7冊くらい置いてありました。

自分が読んで良かったと思う本にコメントをつけて誰かに読んでもらう、とても素敵な取り組みだと思いました。

 

「めぐり逢いの本棚」ってTSUTAYA全体での取り組みかなと思って検索してみましたが全く出てこないのでこの店舗のみの企画なのかもしれません。

 

本好きの人は数多くの本を読んでいると思いますが、自分の好みばかりで選ぶのでこういった形で自分の知らない誰かのオススメを読むことでさらなる読書の世界が広がるかもしれません。とても興味深いので今度行った際には自分のオススメをラッピングして持って行こうかと思います☆