みあぽんねっと!

楽しい、面白いはそこら中にいっぺぇある!!

手のひらサイズのシンセ「monotron(モノトロン)」がぶっ壊れた・・・。

電源入れてそのまま遊べるアナログシンセ

お昼にYoutubeでKORGの動画を見てたらシンセを触りたくなって、今はエレクトライブも売ってしまったし、カオシレーターはスピーカーに繋げないと音が鳴らないってことで出してきたmonotron。

 

これが何かといえば電子楽器です。↓こんな感じ。

(注:僕が演奏してるわけではないです。)

 

リボンコントローラーで手のひらサイズの本格シンセmonotronの電源を入れてみたら様子がおかしい・・・。

 

表面やたらベタベタしてるし・・・。 これきっとジュースこぼされてる。

 

 

リボンコントローラーが常時押されているような状態になってるので、きっと流れた糖分でくっついちゃってるのかもしれません。

 

直るかどうか分からないですが早速オペを始めます。

 

 

 

IMG_6482.JPG

これよりリボンコントローラー剥離手術を行う!

 

「精密ドライバー」

 

 

IMG_6483.JPG

ってことで裏にあるプラスネジを4カ所緩めたらパカッとあけることができます。

 

黒いカバー側にスピーカーが繋がっているので、無理に引っ張って線を切らないように注意しましょう。

 

リボンコントローラーがベタベタしてホコリもくっついてます。 IMG_6484.JPG

アルコール系のウエットティッシュで拭いたらあらキレイ! 黒白鍵盤部分はステッカーになっているだけなので剥がすことができます。

 

その下にはリボンコントローラー。

 

精密ドライバーのマイナスを使って慎重に剥がしていきます。

重要な部分ですから、慎重に・・・慎重に作業をしていきましょう。

 

 

終了~。

IMG_6485.jpg

orz リボンコントローラーがお亡くなりになりました・・・。

 

 

結論

分からないものを「きっと大丈夫」と思って無理にやらない。(今度から気をつける)

 

とりあえず単体で音を出すことができなくなりました。

 

ネットを検索すればmonotronを改造してる人もいるので、リボンコントローラーに変わる何かを付けてみようかな。

 

 

一応、AUXから音を取り込めばフィルターを使うことはできます。

 

でも発信できないのはやだなぁ。 部品だけでも売ってるようならリボンコントローラー修理したいわ。