miapom.net

自分に素直に生きる。好きなものを好きと言い、嫌いなものは基本スルー。

5歳の娘にSUZUKIの子供向け10穴ハーモニカ「エアーウェーブ」購入!親子でブルースを奏でたい♪

Amazonで見かけて「いつか娘がハーモニカに興味を持った時に買おうかな」と思ってたSUZUKIのair WAVE(エアーウェーブ)を娘用と自分用に二つ購入しました。

娘にはブルー、自分用にはオレンジ。ポップな色合いが可愛らしいブルースの雰囲気を一切持たない10ホールズハーモニカです。

 

このようなプラスチックのパッケージに入ってきました。何だかアメリカン!

 

これ、メガネケースじゃないですよ?ハーモニカです。ちなみにハーモニカのケースでもないですよ?これ本体がハーモニカです。大人が持ってもこのサイズなので、子供が持つと結構大きめな感じがします。

 

本体は全てプラスチック製で角の無いデザインになっています。ハーモニカは小さい子が使っても簡単に音の出せる楽器です。普通のブルースハープなんかは金属のケースで作られおり、角が尖ってたりして小さい子に遊ばせるには多少なり危険が伴いますがエアーウェーブであればどこを咥えても角は無いし間違っても飲み込めるサイズでは無いので比較的小さな子供2歳〜3歳のお子さんでも安全性が高そうです。

 

一般的な10ホールズハーモニカだと穴と穴の感覚が狭く、単体の音を鳴らすだけでも練習が必要になります。

エアーウェーブの場合は穴と穴との感覚が広いので単音が出しやすくなっています。

 

後ろにはSUZUKIの文字。色合いがさ、SUZUKIハスラーっぽいよね。ピンクのハーモニカもあればよかったのになぁ。

 

 

 

ハーモニカ譜の載った説明書も付いてきます。10ホールズハーモニカの譜面が楽譜が読めなくても大丈夫!僕自身が楽譜を読めませんが、ハーモニカ譜なら理解できます。楽譜の種類によりますが、付属の説明書であれば青丸が吹く音で赤丸が吸う音になってます。

あとはハーモニカに刻印されている数字のところを吹くか吸うかすれば音楽を奏でられます。とっても簡単!

 

 

 

この説明書は小さい子でも読めるようにひらがなで書かれているのが親切ですね。

持ち方のところでは「すうじが かいてあるほうを うえにして はんばーがーを たべるときみたいに りょうてで もってね」と書かれています。

とりあえず小難しいことは考えず、吹いて吸って音を出して遊んでみよう!っていう感じで書かれているのが良いです。

 

 

娘はガチャガチャのハーモニカキーホルダー(一応音が出る)で興味を持ったようだったので、ちゃんとした楽器が欲しいなと思い購入してみました。他にも10ホールズハーモニカらしいサイズのもので、色もカラフルなのが500円以下で売られています。

どうせ飽きるかもしれないからワンコインでお釣りがくるようなオモチャっぽいハーモニカを買い与えようかとも思いましたが、せっかく興味を持ってくれたのだから安全かつ楽器としてちゃんとしたものをと思い購入しました。

吹いても吸ってもちゃんと音が鳴ることに喜んでいました。

ハーモニカなど直接口をつける楽器は貸し借りができない(したくないよね)ので、吹き方を「こうやるんだよ」と教えるために自分用にも購入しました。ブルースハープより穴同士の感覚が広いのでまだ吹き慣れませんが、ちゃんとした音階の音が鳴るし、ベンドもできるので「こんなオモチャ見たいなルックスでバリバリ演奏してたら逆にかっこいい!」って感じがします。

 

そのうち親子でハーモニカセッションできたらいいなぁ♪

 

商品紹介

お子さま向け10穴ハーモニカ【エアーウェーブ AW-1 オレンジJ】 エアーウェーブ AW-1 オレンジJはお子さまが簡単に楽しめるようにデザインされた10個の穴のハーモニカ。 穴と穴の間隔が広く1音ずつの演奏がしやすいこと、口当たりの良い樹脂製カバーと角のないデザインで安全であることが特長です。 お子さまが気軽に音楽に触れるための楽器としてオススメ。 音階配列は10穴ハーモニカのC調と同じもの。 解説書に書かれた穴番号を吹いたり吸ったりすれば簡単に曲が吹けます。 色はブルー・レッド・オレンジの3色の展開で、本商品はオレンジです。 音域:10穴20音 調子:C 材質:ABS(カバー・ボディ)・アルミプレート カラー:オレンジ 寸法:165×57×20mm 重量:70g 付属品:楽譜(きらきらぼし・茶色の小びん・ハッピーバースデートゥーユー・擬音) Amazonより引用