みあぽんねっと!

楽しい、面白いはそこら中にいっぺぇある!!

「ScanSnap iX100」スキャンスナップをついに手に入れた!メモやシステム手帳などをEvernoteにどんどん放り込める♪

 Evernoteを使うならやっぱりScanSnapも使いたい!

Evernoteを使うようになってから紙類のものはEvernoteアプリのスキャナ機能で読み込んだり別のスキャンアプリを使ってPDFデータとして保存していました。

 

 スキャンアプリでもしっかり読めるPDFデータを作成してくれるのですが、紙に折り目がついている場合にキレイに取り込めない、角までキレイに読み取れないなどの不満もありました。

 

レシートなどもよくEvernoteに入れるのですが、たくさん買い物した時など画面に入りきらないこともありました。

 

そこで「紙もの」を効率よくEvernoteに取り込みたいと思うと「ScanSnap」の存在が気になるんですよね。

 

 

 

 

子供がいると学校や幼稚園からのお便りもかなりの枚数が集まります。すぐに捨てても問題ないものもあれば、連絡網などのようにちゃんと保存しておきたいものまで色々あります。

 

切り取って学校に提出するようなお手紙など、PDFで保存しておけば無くしてしまってもそれを元に印刷することも可能なのでやっぱり保存しといて損はない。カメラを使ったスキャンアプリだとプリントとしての垂直・水平が保てない場合もあるのでそんな時はやっぱりScanSnapが役に立つのではないかと思います。

 

その他に個人的な使用目的としては紙片に書いたメモやシステム手帳をEvernoteに保存したい。

 

メモ程度であればその都度カメラアプリで撮ってもいいのですが、システム手帳のリフィルなどは枚数もそれなりにあるのでカメラで一枚ずつ撮って行くのは大変です。ScanSnapならどんどん突っ込んでいけばいいだけなので簡単にデータ化できそうです。

 

ただScanSnap ix100は片面読み取りなので両面読み込むならば上位機種を選んだ方が効率がいいですね。持ち運びのこととお財布の中身を考えて僕はix100になりました(笑)

 

f:id:miapom618:20200311020524j:plain

とは言ってもそこそこのお値段するのでなかなか手が出せませんでした。

以前のiPhoneを下取りに出した際のポイントがあったのでこの機会に購入しました。

 

ScanSnapはパソコンやiPhone・iPadなどに直接データを送れる他、EvernoteやGoogleフォトなどに自動でデータを振り分けてくれる機能もあります。

 

ScanSnap cloudを使うことで書類・名刺・レシート・写真の4つに自動振り分けしてくれるので書類・名刺・レシートをEvernoteに、写真をGoogleフォトに移す設定にしました。

 

ただ小さいメモなんかはレシートや名刺に分類される場合があるのでEvernote側で多少の整理が必要だったりしました。

 

まだ使い出して数時間程度なので分からないことも多々ありますが、これからどんどん活用して Evernoteライフを充実させていきたいと思います♪