みあぽんねっと!

楽しい、面白いはそこら中にいっぺぇある!!

モレスキンじゃないよ!meetsで売ってる100円ポケットノート「ミーツキン」の 万年筆によるインクの裏抜けテスト!

こんばんはヤマナカ(@miapom)です。

この前イオンの中にあるmeets.という100円ショップで見つけたMOLESKINE風ノートですが、何となく使うのがもったいないなぁと思いながらも仕事で活躍しております☆

 

 

mottainaiと言っても100ですからね!

 

ちなみにダイソーのモレスキン風ノートのダイスキンではないですよ☆

meest.で見つけた「ミーツキン(勝手にそう呼んでる)」です。

 

Evernote-Camera-Roll-20150127-002504 3.jpg

見た感じはまんまモレスキンな感じですが、ゴムバンドがちょっと太めです。

 

そして中身は5mmの方眼になっています。

仕事ではuniのパワータンクと一緒に持ち歩いて使用しています。パワータンクは空気の圧力でインクを押し出しているので上向きで書いたり、多少汚れた紙でも書けるっていうのが特徴です。

 

 

 

Evernote-Camera-Roll-20150127-002504 4.jpg

溶接業なので手が汚れます。普通にページを開くだけでも油汚れ。

 

 

ハードカバーの表紙を持つポケットサイズのノートってすごく使いやすいんですよね。立って書いたりすることも多いので便利です。

 

でもさすがにこの仕事でモレスキンを使うなんてリッチなことはできないです(´Д` )

そんなミーツキンなのですが、普段はボールペンでばかり使っていますが万年筆のインクとの相性はどんなものか気になりました。

 

 

モレスキンは裏抜けするとか言われてます(実際に裏抜けします)が、 

ダイスキンでは裏抜けしませんでしたが実際にどんなものかテストしてみます☆

 

 

Evernote-Camera-Roll-20150127-002504 2.jpg

使った万年筆はラミーサファリ 

ペン先EF(青インク)とペリカーノジュニア(赤インク)です。

 

 

線の太さはなんとなく同じ感じですが、ペリカーノの方がインクが多めに流れている印象です。

 

 

書き味はけっこう良くて、紙の上を引っかかるようなことはありませんでした。

さて、裏抜けはどんなもんでしょう。

 

 

Evernote-Camera-Roll-20150127-002504.jpg

ちょこっと裏抜けがありますね!

でもモレスキンの比じゃない。全然いい感じではないでしょうか☆

 

 

今も色々と書き込んでみましたが、ペリカーノジュニアで使っているインク(純正)がどうもしみ込みやすい感じです。

 

 

ラミーに付属されている純正インク(青)ではやっぱり裏抜けしにくい感じです。

いまはこのノートを仕事場用ノートとして使っていますが、別用途でも使ってみたい性能ですね☆