miapom.net

自分に素直に生きる。好きなものを好きと言い、嫌いなものは基本スルー。

「トラベラーズノート風」自作革カバーの改良。よりトラベラーズに近づけて。

以前作ったトラベラーズ風ノートカバー・・・と言っても使いたかったLIFEのノートに革カバーをつけたんだけど、その取り付け方法が「トラベラーズノート風」というだけです。

前回は材料だけ購入しといたものの、針金でノート固定するのもいいんじゃないか?ってことでこんな感じでノートを取り付けていました。

 

 

針金の通し方、ノートの留め方はトラベラーズノートと同じです。革と金属のコラボってことでしばらく使っていたのですが、革に食い込む針金を見てるとなんだか痛々しい。それに針金をネジネジしている部分がノートの背に当たって擦り切れてくる。

やっぱり針金で柔らかいものを留めるのは良い感じではない。

ということで100円ショップで購入してきたヘアゴムでノートを取り付けることにする。

 

長さは十分にあるし、太さもトラベラーズノート純正のゴムに近い感じ。

 

 

トラベラーズノートは円盤状の金属でゴムを留めてますが同じものが無いので釣りで使うガン玉重りを使ってみました。ゴムを挟んでペンチで潰すだけ。

本当はトラベラーズオリジナルのようなしおりをつけたいと思ってましたがゴムを挟んだだけでいっぱいいっぱいだったので栞は断念しました。

 

ゴムに直接結びつけるのであれば栞の装着も可能。このレザー風カラーコードが質的にも良さげだったんだけどなぁ。

 

 

ただちょっとゴムが緩かったみたいでノートがズレやすい。どうしても気になるようならまたあとで調整。針金によってノートの破れた部分にはマスキングテープで補強。あと革についている金具のところも裏面がノートを傷つけそうなのでマスキングしといた。

 

やっぱり気になる部分はちょっとずつ手を加えていくと、より自分好みのオリジナルな文房具が出来上がって嬉しいよね。自分で使うものだからこそ、自分が気にいるように工夫するのはとても楽しい。最近はノートそのものに手を加えてばかりで中身に何も書いていないってのが問題。

ノートに向かい合い、自分自身と向き合うことって大切だよね〜。