みあぽんねっと!

楽しい、面白いはそこら中にいっぺぇある!!

一週間使ってみて見えてきた「ほぼ日手帳WEEKS」良いとこ悪いとこ

こんにちはヤマナカ(@miapom)です。

先日買った「ほぼ日手帳WEEKS」を一週間使ってみたので、この新しい手帳の良い所、悪い所を思いつくままに書いてみます。

 

 

Evernote-Camera-Roll-20141228-140632 2.jpg

まずは外観。ビジネスシーンにもマッチする黒い手帳は革っぽい質感をプリントしたビニール製です。

 

 

白いラインがアクセントになって、真っ黒の手帳よりもちょっとしたカジュアル感を演出してます。

 

 

2015のフォントも固くなりすぎず、ほぼ日手帳らしいゆる感がありポップな感じです。栞は2本あるのでカレンダーページと週間ページに挟め必要十分。

 

 

ソフトカバーなので直接ポケットに入れた場合でも適度に曲がってくれるので窮屈感はありません。 ビジネスユースにこのままの見た目で使うのもアリですが、趣味としての手帳としたら地味すぎる印象です。

 

 

ビニール製の表紙は「モノとして所有する喜び」が無いので、革カバーを作ってもらい1年間持ち歩きたいと考えています♪

 

 

ほぼ日手帳のオマケページといえば普通の手帳とはちょっと違った項目があり面白いのですが、ビジネスユースで考えると「不必要」な部分でもあります。

 

ほぼ日手帳WEEKSの場合はその辺がしっかりしていて、「単位換算表」や「郵便料金表」などあると便利なページも用意されています。

 

 

個人的に面白いと思ったのはコレ

「今日は何の日?」ということで1月1日から12月31日までの出来事が書かれています。

 

 

例えば営業前のトークなどで「今日12月28日はリュミエール兄弟がパリでシネマトグラフを初公開した日なんですよ!」と話すキッカケを与えてくれますね♪(分からない内容については前もってネットで調べておくといいかも)

 

 

デートでも話のキッカケに使えそうですね☆

 

今日のこの日はこんなことがあった、彼女の誕生日はこんな日だったとか何も無い所からのキッカケ作りには最適です♪

 

 

あとはそこからの「会話を広げるテクニック」を身につけましょう!

 

 

一週間使ってみて、やっぱり書くスペースが少ないなぁといった印象です。

ライフログとしての手帳なので書くことが多いです。

 

しかし何でもかんでも書いていたらあっという間にスペースが無くなるのである程度決まり事を作って書くようにしました。

 

主に書くのは起床時間、食べたもの、お金の出入り、書いたブログ、就寝時間です。

自分の体調管理、金銭管理、ブログという3つの柱についてのライフログを残すのが目的であり、それだけであれば何とか書き込めるというスペースの活用です。

 

 

そして右側のメモページはテレビを見て気になったものや、本を読んで気になったものなどを書いています。

 

しかしそうするとあっという間にページが埋まる・・・(´Д` )

 

 

かといって次のページのメモページには行きたくない。

でも書かないということもしたくない。

メモをよく取る自分に取ってはこの辺がすごい使いにくいです。

 

 

そこで使うのが後半のメモページ

後ろ側からメモページとして日付をいれて記入することで見返しやすさと、書くスペースを気にすること無く記入できるようになります。

 

 

いまのところこの使い方で様子を見ていって、もうちょっと良い使い方など見つかればまた書きます。

 

 

そして手帳としての「モノを持つ喜び」を高めるために革カバーの作成をお願いして2015年の相棒としてつきあっていきます♪