みあぽんねっと!

自分に素直に生きる。好きなものを好きと言い、嫌いなものは基本スルー。

写真を撮るのはiPhoneで事足りるけど、あえてコンパクトデジタルカメラ「GRD」を持ち歩くという遊び。

デジカメを持ち歩く必要性がなくなったからこそ、あえてコンデジを持つという楽しみ。

f:id:miapom618:20191104003559j:plain

僕が普段持ち歩くデジカメといえばカメラではなく「スマホ」です。

先日iPhone11Proに買い替えたこともあり普段記録を残すための写真はiPhoneひとつで十分だと思っています。

 

iPhoneのカメラ性能に満足しているからこそ、なぜかカメラそのものに興味を持ってしまうんですよね。持っていながら今までほとんど出番がなかった僕のデジカメ、それがリコーのGRD3です。

 

www.ricoh-imaging.co.jp

GRDの性能を見たら正直なところiPhone11Proの方がスペックとか上なんじゃないかと思います。僕のような素人の場合はマニュアル操作で使うことなんてなく、ほぼオート撮影なのでGRDのスペックを使いこなしているとは思えません。

 

だけど「カメラで撮る」という行為そのものを楽しむのだから性能がどうのこうのというよりも自分が好きだと思えるカメラで撮ること自体が遊びでもあります。

 

 

身の回りの世界を切り取る

ハイコントラスト白黒で画質・サイズはF1:1(7M)で撮影しています。

iPhoneでは日常のメモやら記念写真など多様なものを残すので、あえてGRDではハイコントラスト白黒固定でアーティスティックな気分に浸りながら撮る感じです。

 

これはあれですね、森山大道さんの影響というか真似事というか、そんな雰囲気でたくさん撮ったら「それっぽい写真」が撮れるんじゃないかという試みです。

 

カメラや写真に対する知識はありませんが、その場の雰囲気を感じるとか、日常を記録として残すというカメラの楽しみを感じたいのです。

 

f:id:miapom618:20191104004724j:plain

ツルッとした質感の1/12スケールのメカトロウィーゴ。

 

 

f:id:miapom618:20191104004819j:plain

暗い場所で撮影してピント合ってないソフビのウィーゴ。

キラキラのラメの光が滲んでいる感じは何だか好き。

 

 

f:id:miapom618:20191104005839j:plain

アマゾンアルファのソフビだけど、光と影のコントラストがスーツの質感を感じさせてて良き。

 

 

f:id:miapom618:20191104005902j:plain

リコーのデジカメは接写で近く(最大1cm)まで撮影できるのが好き。

使い古したノートの角だけど、紙の繊維を感じる毛羽立ちが時の流れを表すよね。

 

 

f:id:miapom618:20191104005935j:plain

公園の桜の木。幹の表面のゴツゴツ感、テカリ感が木の質感まで現ししているかのよう。

 

 

f:id:miapom618:20191104010014j:plain

娘とのツーショット。(影だけだけど)

 

「昔、ここの公園でよく遊んだね」っていうのを数年後に語り合えたらいいね。

 

 

 

日常のほんの一瞬を切り取ってアーティスティックな感覚を楽しむ。

そういう使い方でコンデジを楽しんでみようかなって思うね。