みあぽんねっと!

自分に素直に生きる。好きなものを好きと言い、嫌いなものは基本スルー。

3000文字チャレンジ「フレグランスとブログ論?」匂いとブログの異種格闘技

            <h1>日々の出来事をネタにする日記ブロガー「こぼりたつやさん」の3000文字チャレンジ第11弾!</h1>

こぼりさんの日記ブログ「たまホルブログ」

新しい企画が上がっていたので僕もチャレンジしてみますよ!

 

それが「フレグランス」と「ブログ論」・・・・なんだこの組み合わせ。

なーんにも関係のないこの二つのことについて3000文字も文書を書くのか・・・

ハードだぜ・・・(笑)

 

まずフレグランスとはなんぞや?匂い?香水?

ちょっとウィキペディアで調べてみると、

フレグランス(fragrance)とは

石鹸や香水のように身体に心地よい香りをつけるための化粧品

とありました。

 

単純に匂いとかのことではなく「身体に心地良い香りをつけるもの」を

広くさす言葉だそうです。

 

 

蚊を落とすあの匂い・・・

身体につけるものではないのですが、僕が小さい頃からとても好きな香りがあります。

アースノーマットのリキッド(液体タイプ)の微香性の匂いがめっちゃくちゃ大好きなんです。

今はもう売られていないのですが、中の液体がうす緑の微香性。

 

 

あの匂いを嗅ぐと夏の始まりを感じ、あらゆる夏の記憶が蘇ってきます。

できることならアースノーマット(微香性)に鼻を近づけて思いっきり吸い込みながら寝たい。

 

次の日の朝には蚊と一緒にあの世行きな可能性もありますが・・・(笑)

 

今はもうその香りの詰め替えが売られていないので、あの匂いがとても懐かしく

とても尊いように思います。

 

しかーし、ある友人女性がつけていた香水がまんま「アースノーマット(微香性)」だったことがあり、「ヤベェ!めっちゃいい匂いじゃん!!めっちゃアースノーマットじゃん!」なんてテンションが上がったことがあります。

 

あの香水・・・どこのブランドのなんてやつか聞いておけばよかったな・・・。

 

機会があれば香水売り場に行って端から端まで嗅ぎまくって探してみたいと思います。

店員さんに「アースノーマット(微香性)みたいな香りありますか?」と聞いたところで

見つからないのは確かなので、自分の鼻を信じて探し回ってみようと今決心いたしました。

 

 

懐かしき排水・・・

もうひとつ、身体に良さそうではないけど好きなにおい・・・

それが実家の近所のドブ川のにおい(臭い)です。

 

生活排水が流れている場所だったのですが、小さい頃からここで笹舟を流してレースをしたりして遊んだんですよね。あぁ懐かしい。

 

道路下を流れるのでドブ川に身を乗り出して笹舟を探した時の懐かしい臭い・・・。

まぁそれほど臭いわけではなく、独特のあのにおいが好きでした。

今ではその側溝にも全面蓋がされてしまったので、昔のように覗き込むことはできません。

 

いや、この歳でドブ川覗き込んでたら不審者だと思われて通報されるわっ!!!

 

そんな懐かしき思ひで・・・。

 

 

あとこの辺で少しまともな匂いをあげると、

夜の空気のにおいがとても好きです。

 

これも小さい頃の時の記憶が蘇るのですが、父親が友人とお酒を飲みに行くときは

母親と一緒に近所のコンビニにお買い物に行ったりしてました。

 

時間は夜の9時とか10時。

季節がいつだったかよくわかりませんが、ちょっと湿った空気と

アスファルトや木々の香り。

車の排ガスとか工場からのにおいだとかが色々混ざったような夜のにおい。

 

母と一緒に歩いて行った近所のセブンイレブンの記憶がズドドドーンと蘇ってきます。

 

 

においっていうのはとても不思議で、

その匂いを嗅ぐと一瞬にしてその当時の記憶が蘇ってきますよね。

あの時こんなことやった、こんなこと話してたなどなど。

 

「におい」とか「香り」をきっかけにその時の記憶を脳に刻み込むのは

勉強法とか記憶の定着に繋げられるかもしれないですね♪

 

 

記憶つながりでここからブログ論

そんな匂いの記憶がある頃は僕はまだ小学生くらいなのですが、

今のようにスマートフォンなんて無い時代でした。

 

携帯って言ったって、片手に収まるようなものではなく、

肩からカバンのようなバッテリーを背負うタイプのやつ。

 

しもしも〜のギャグ?で有名なバブリー芸人平野ノラさんが肩にかけてるアレです。

ショルダーフォンって言います。

 

カバン並みにデカくてめっちゃ重い(約3kg)のに、使える機能は電話だけ。

それからすると今のスマートフォンなんて何でもできる小型パソコンじゃないですか!!

 

カメラとビデオがついて、ボイスレコーダーがついて、

文字を打ててネット上にアップロードできるスーパーマシン。

 

そんなスーパーすげぇマシンを誰しも持っているのに、

ブログやSNSを全くやらない人たちがいるのは本当にもったいないなって思います。

 

SNSは基本的に、

色々投稿はできるけど古いものって消えていっちゃうんです。

 

例えばTwitter(ツイッター)なんかは

とっても気軽に文字や写真や動画を投稿できるのだけれど、

過去に書いた内容などはある一定期間までしか見ることができません。

 

だからいくら良いツイートをしても

過去の古いものから見れなくなってしまうんですね。

 

その点ブログであれば書き始めた最初の記事から

今現在の記事まで全て読み返すことが可能です。

 

僕の場合は約10数年前に書いた無料ブログが

今でも読める状態になってて正直恥ずかしいくらいです。

(IDとパスワード忘れてログインできないので削除もできない)

 

だからね、手元にスマホがあるなら今ある日常を写真なり動画を撮って

日々ブログに書き溜めてはどうでしょう。

 

これまさに「こぼりたつやさん」の日記ブログ!!

 

上の「匂い」に関する部分でも触れましたが、

ほんのちょっとのキッカケで記憶ってすごい蘇ってくるんですよ。

 

 

日々の生活の中で、お出かけした写真・食べた食事の写真とか、

子供がおしゃべりしてる動画、一緒に遊んでいる動画など

そういったものをちょっと記録に残しておくだけで

記憶の中に引っかかりを残すことができます。

 

そういった日常のことなんかをブログとして書き残しておくと

数年前には自分はこんなことをやっていたんだ!とか、

こんなことを考えていたっけな・・・とか、

そういえばこの写真の後にこんなエピソードがあったよな〜なんてことを

みるみる思い出すためのツールにもなります。

 

そんな思いもあって、僕はブログをこれからもずっと書き続けたいと思っています。

 

僕のブログには子供の写真などはプライバシーの関係で載せたりはしませんが、

自分がやっていたこと、作ったものの写真とか、出かけた先の写真とかを見ると

そこには写っていない家族の姿を思い出すことができます。

 

たった1枚の写真であっても、その時の自分の心情や行動といったものが見えます。

そしてその当時に書いた文字は、嘘偽りのない自分の本心です。(嘘を書いてなければね)

それが例え嘘や見栄を書いてしまったとしても、その時になぜそれをやってしまったかをきっと思い出すことでしょう。

 

だからブログにどんな他愛ないことを書いたとしても、それは資産になると考えています。

 

要する何を言いたいかというと「みんなブログ書こうぜ!」ってことです。

そんなブログ仲間を募集してます(笑)

 

まとめ

こぼりたつやさんが考える3000文字チャレンジ・・・すげー頭使うし良いチャレンジの機会になりました(笑)

 

正直なところフレグランスからブログに関することまで繋がりなんて無いよなぁと思いつつも、なんだかんだ繋がった自分すごい!自分で自分を褒めてあげたい気持ちです!!

そして日記ブログの可能性を改めて感じることができました!

さぁ皆んなも一緒にブログを書きましょう!(・ω・)/

 

以上で3047文字でした。